なでしこ保育園

m点

園長のひとりごと

2018年9月25日

 

  富山県内には、済生会の施設が済生会富山病院、済生会高岡病院そして済生会なでしこ保育園と3施設あります。先週、このうち済生会高岡病院を訪問し、入院患者の皆さんと交流してきました。

 病院訪問は、平成元年に富山病院を訪問して以来、今年で30年目を迎えます。高岡病院へは翌年から訪問し、今回で29回目となります。

 太鼓の音がけたたましく響き渡る短時間の訪問にも関わらず、点滴をしながら来られた患者さんや車いすに乗せてもらい駆け付けられる方々など、患者や病院関係の皆さんには熱心に聴いてもらい、時にはうっすらと感動の涙を眼に浮かべて鑑賞しておられる方もいらっしゃいました。

 未熟な園児の演奏でも、患者さんに元気や未来への希望を伝え、回復に向かう力を幾分なりとも支えることができるのであれば、保育園としても大変ありがたいことです。

 いのちの大切さを知り、思いやりを伝える大変貴重な訪問となりました。これからも続けていきたいと思います。28日(金)には、富山病院を訪問することとしています。

 

ページトップへ