なでしこ保育園

m点

園長のひとりごと

2018年12月28日

 12月28日は、今年最後の開園日です。富山では、昨夜から雪が断続的に降り、今朝は今シーズン初の積雪となりました。

 園では、先週末に開催したクリスマス会で年内の主な行事を終え、今週は年長児がクッキーを作り、お世話になっているご近所の方々に年末のごあいさつとともに配ってきました。

 今年、年長児は、運動会、病院訪問や生活発表会などの園の行事のほか、打ち水大作戦、クリスマスツリー点灯式等の近隣で開催されるイベントなど、様々な行事を経験してきましたが、その度に自信を付け、たくましく成長してきたように思います。

 先生方にとっては、園行事の組み換えや準備のための練習等で大変だったとは思いますが、園児が各種の体験を通して、地域とのかかわりを深め、個々の園児の気付きや学びにつながっているものと思います。

 ことに、当園の創立50周年式典のオープニングや富山県で開催されたねんりんピックカウントダウンボードの除幕式など、今年でなければできない行事もあり、感慨深いものがあります。

 主役を担った園児はもちろん、保護者の皆様、園児の指導にあたった先生方、関係機関の皆様には、深く感謝申し上げます。

 明日から年末年始の休みに入りますが、こうした中でも仕事で忙しい方々もおられます。当園では、29日、30日は、年末特別保育を実施し、仕事と子育ての両立をご支援してまいります。

 これまでの閲覧に感謝申し上げますとともに、来年はさらに内容を充実させていきたいと思いますので、ご愛顧の程よろしくお願いいたします。

 

 

     

 

  

 

 

 

 

 

 

ページトップへ